第24回(大阪)大会のお知らせ

2023年10月02日

日本有機農業学会

第24回(大阪)大会 プログラム(案)V3 20231027

期 間:2023年12月 9日(土)~12 月10日(日)

会 場:摂南大学(枚方キャンパス)を会場とした対面+オンライン参加

<12月9日(土)>
10:00~10:15 開会セレモニー

10:15~12:15 特別セッション  『有機農業大全』 合評会
■趣旨:澤登早苗・小松崎将一編著『有機農業大全』(コモンズ、2019年)は、日本有機農業学会の設立20周年を記念して刊行された成果物で、分業関係に置かれやすい社会科学と自然科学の研究者が垣根を超えて一冊の本を編むという試みだった。しかし、本書は刊行直後に新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う混乱などにより、その意義、可能性、課題点等を学会内で十分に検討する機会を失ったまま、2022年に至ってしまった。そこで、このたび、第24回の特別セッションとして本書の合評会を開催することにした。有機農業研究の到達点と課題、今後の展望等を見定めていくための議論が交わされることを期待したい。
・座長:相川陽一(長野大学)、飯塚里恵子(千葉農村地域文化研究所)
・報告者:中島紀一(茨城大学名誉教授)、高橋巌(日本大学)、日鷹一雅(愛媛大学)
・リプライ(討論者):澤登早苗(恵泉女学園大学)、小松崎将一(茨城大学)

12:15~13:15 昼食・休憩

13:15~16:30 全体セッション 検証・みどりの食料システム戦略
―社会科学、自然科学および実践の視点から―
■趣旨:2021年5月にみどりの食料システム戦略(みどり戦略)が策定された。みどり戦略は2050年までに農地の25%(100万ha)を有機農業に転換することを目標のひとつとしている。日本有機農業学会は、2021年3月にみどり戦略の中間とりまとめに対する提言書を発表した経緯がある。
その後、みどり戦略を積極的に推進する自治体が増加している反面、目標の実現可能性を疑問視する声も少なくない。さらに、AI(人工知能)、ゲノム編集、RNA農薬等の技術を持続可能と評価してよいのか、どのような農業(農業像)を誰が担うべきか、農業技術は誰がどのように開発普及すべきなのか等の問題が提起されている。本セッションではこうした問題意識に立ち、社会科学、自然科学、および実践の3つの視点からみどり戦略を検証する。みどり戦略を気候変動や生物多様性喪失、食料危機等に対する国際アジェンダの文脈から理解すると同時に、食料・農業・農村基本法見直しとの関連にも位置づけながら議論を展開したい。
■座長:成澤才彦(茨城大学)
■報告(報告タイトルは調整中)
谷口吉光(秋田県立大学)
古賀伸久(農研機構 九州沖縄農業研究センター・非会員)
立川雅司(名古屋大学・非会員)
西村いつき(兵庫県)
■コメンテーター
小松﨑将一(茨城大学)
澤登早苗(恵泉女学園大学)
総合討論

16:30~18:15 総会(終了後、学会賞授与式)

18:30~20:30 懇親会

<12月10日(日)>
9:30~13:00 ポスターセッション

 

9:30~11:30 地域セッション 大阪都市圏における有機農業の現在地
■趣旨:大消費地である大阪府およびその近郊府県では、消費者や流通業者との密接なパートナーシップが有機農業の発展に大きな役割を果たしてきました。近年は新規参入者を中心に、少量多品目栽培・前払い制によるCSAの実践や、品目を絞り込み、高品質・高栄養の有機農産物を多様な販路へ供給する営農スタイル等、新たな形の有機農業が展開されています。本セッションでは3組の取り組み事例をもとに、大阪の有機農業や流通の現状を学び、今後の発展の方策を考えます。
■座長:谷口葉子(摂南大学)
■報告
「前払い制によるCSAの取組み、能勢エリアにおける有機農業の地域的拡がりについて」
成田洋平(成田ふぁーむ)
「都市近郊の里山で『有機農業』を実践する。地域事業者と連携する都市近郊有機農業者の創意工夫」
大島哲平(ひらかた独歩ふぁーむ)
「私たちのみどり戦略ー消費者・流通(生協)と農家の協同で有機農業を拡げるー」
辰巳千嘉子(コープ自然派事業連合)
■コメンテーター
大阪府農政室推進課 溝淵 直樹
京都府立大学 中村貴子
■後援:摂南大学農学部先端アグリ研究所
※地域セッションについては非会員も無料で参加できます。

11:30~13:00 昼食休憩(ポスターセッションのコアタイム)

13:00~14:00 個別発表I
14:00~15:00 個別発表II

15:00~15:30 休憩

15:30
~17:30 特別セッション 未来を切り拓くアグロエコロジー:持続可能な食農システムへの挑戦
■趣旨: 食農システムは、生産、流通、貿易、消費、管理、政策など多くの分野に関わり、生態系や生命、物質循環などに深い影響を与えています。現在の世界のフードシステムは、人々に食料を提供する点では成功していますが、環境に対する負担が大きく、持続可能性に対する脅威となっています。持続可能なフードシステムに移行するためには、生態系に調和した農業と農法を基にしたアグロエコロジーが注目されています。アグロエコロジーは、原則と理念に基づいた実践を通じて、既存のフードシステムを改善し、持続可能性を追求することで現実的な解決策に繋げる取り組みです。この秋、日本でのアグロエコロジーの理解を深めるために、「アグロエコロジー 持続可能なフードシステムの生態学」の翻訳版が出版されました。このセッションでは、翻訳者の方々に、日本におけるアグロエコロジーの展望や期待について話していただきます。さらに、日本でのアグロエコロジーの実践についても紹介し、持続可能なフードシステムとしての有機農業についての理解を深めていきます。
■監訳者からの報告
村本穰司(カリフォルニア大学サンタクルーズ校)
日鷹一雅(愛媛大学)
宮浦理恵(東京農業大学)
■日本での実践
金子信博(福島大学)
澤登早苗(恵泉女学園大学)
■翻訳グループ及び出版社からのコメント
◼️総合討論

大会への参加登録は11月10日(金)に開始予定です。Peatix(ピーティックス)による参加申込フォームへの入力と参加費の事前納入をもって参加登録とします。11月上旬に詳細をお知らせします。

第24回(大阪)大会 個別発表とポスター発表の申し込み期限
申込期限:10月31日(火)
報告タイトル、氏名、所属(個別発表の場合は対面かオンラインかの希望)をご記入の上、
事務局までメールをお送りください。(yuki.gakkai.newsletter[アットマーク]gmail.com)

発表要旨の提出期限:11月15 日(月)
要旨の書式は こちら よりダウンロードし、事務局までメールをお送りください。


第24回(大阪)大会の参加申し込み(12月3日17:00まで)

下記のPeatix(ピーティックス)による申し込みと参加費の事前納入をもって参加登録とします。参加申込の登録期限は 12月 3日(日)17:00ですが、お早めのお手続きをお願いいたします。

・参加申込はこちらから↓
https://24thannualconference.peatix.com