公開フォーラム 福島の農とくらしの再生と未来- 農家・研究者・市民の連携から-7月22日(日)

2018年05月19日

公開フォーラム

 

日  時:平成30年7月22日(日)午後2時から
場  所:國學院大学渋谷キャンパス 5号館3階5301教室
    (東京都渋谷区東4-10-28 )
資料代:2000円:『福島の農と暮らしの再生(仮)』(コモンズ刊)配布
[主  催]日本有機農業学会
[後  援]日本農作業学会

【プログラム】
開会:14:00  進行:林薫平(福島大学)    
開会挨拶  大山利男(有機農業学会会長)

第1部 福島の今を見つめよう!
放射能汚染と食・農・環境                                           金子信博(福島大学)
放射能汚染に立ち向かう―農家と農学者の連携―                                  原田直樹(新潟大学)
福島の食とエネルギーの現状と未来                                          石井秀樹(福島大学)
第2部 農がはぐくむくらしと環境の再生
土の力と農のくらしが再生の道を拓く             菅野正寿(ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会)

福島研究での農学の役割                                                                     横山正(東京農工大学)
農を通じた除染―竹林の再生に向けて                                             小松崎将一(茨城大学)
二本松市東和地区における農業復興の展開と構造―集落・人・自治組織にみる山村農業の強さ―
                                               飯塚里恵子(有機農業学会)
第3部    総合討論:有機農業から福島の未来を考える!
進行:石井圭一(東北大大学)
ドイツからFUKUSHIMAへの思い                  木村園子ドロテア(フンボルト大学)
We all live in Fukushima-カリフォルニアからのメッセージ-
                                                                                        村本穣司(カルフォルニア大学サンタクルーズ校)
総合討論    閉会:17:00

連絡・問い合わせ先:日本有機農業学会事務局(yuki_gakkai@yuki-gakkai.com)